注目のICO【Crymix Project】国立大学法人東京大学との産学共同研究!期待の国産仮想通貨part2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

先日紹介した”注目のICO【Crymix Project】国立大学法人東京大学との産学共同研究!期待の国産仮想通貨part1

注目のICO【Crymix Project】国立大学法人東京大学との産学共同研究!期待の国産仮想通貨part1

2018.01.16

を引き続き紹介させていただきます。

Crymix公式リンク
https://crymix.jp/

クリミクス株式会社では
Crymixプロジェクト上で「交渉」を ” ゲーム理論的表現 ” を用いて実装するアルゴリズムを開発し、ブロックチェーンに組み込むことを試みています。

「交渉」は、人間の日常的な活動の中でも中心的なものであり
人間性が顕著に現れることの一つです。

詳細は出願準備中などの事もあり、概要だけの紹介になりますが、非常に複雑ですがとても面白い内容ですので、是非最後までご覧ください。

交渉とは

そもそも「交渉」とはどういうものでしょうか。
交渉に関わる人間がそれぞれ独立した目標を持っていると設定しましょう。
(交渉に関わる人間を以下、プレイヤーと呼ぶ)

すると、プレイヤーそれぞれの独立した目標を達成しようとした場合に、
各目標の内容によって、また置かれた状況によって目標が達成出来るプレイヤーと、
目標が達成出来なかった、あるいはされなかったプレイヤーが出てきます。

このような場合にプレイヤー同士が協調し、合意案や妥協案を形成する事を「交渉」といいます。

交渉においてプレイヤー同士は時に譲り合うことや、一方が他方を説得して合意案や妥協案などを形成します。
合意案は交渉に関わったプレイヤー全員に了承されていなければなりません。

この交渉をどのように定式化するかは幾つもの可能性がありますが、その中の一つ


『アイデアはゲーム理論的に効用を定義し、合意案はいわゆる効用最大化原理を満たすもの』

とするアイデアがあります。


● ゲーム理論とは…

戦略的な分析する数学のいち分野を指します。
相手とのかけひきや読み合いを数学で表現します。

交渉プロトコル

交渉問題が与えられたとき、交渉解を得るまでに交渉に関わる者が従うルールを
「交渉プロトコル」と呼びます。
交渉プロトコルは、次のような条件・性質を満たすものが望ましいと言われています。

 

有用性

交渉の結果として得られたものは有用でなくてはならない。

安定性

どのプレイヤーも合意した内容から他の戦略に変更する動機をもたない。

単純性

交渉に必要な通信コストが低く、計算の煩わしさも低い。

分散性

交渉がボトルネックにならないために、
参加するプレイヤーの他に意思決定のために中心的存在となるプレイヤーを必要としない。

※ボトルネック:《1つで全体の結果や性能を左右する最大の要因の意味》

対称性

交渉において、参加するプレイヤーは平等である。

「有用性」と「安定性」は、個別合理性と共同合理性(パレート最適性)のことであり
「分散性」と「対称性」はブロックチェーンの概念に基本的に内包されているものです。
このように、ゲーム理論的な表現とブロックチェーンは相性が良いと考えられます

交渉に権威を持つ第三者の必要がない

クリミックス株式会社での「交渉」の仕組みは
たとえば、動産取引や不動産取引でも利用が可能です。

従来は、これらの取引のときには複数鍵取引(multisig transaction)である
エスクローの仕組みを用いることが多かったのではないでしょうか。
エスクローの場合は、プレイヤーの他に取引を仲介する第三者が存在します。

しかし、クリミクス株式会社が提供するシステムでは、


「交渉」は衆目の下に行われ、権威を持つ第三者の必要がない


という特徴を持ちます。
このような「交渉」では、不正な交渉に対して、第三者が意義を挟むことも容易で出来ます。

ゲーム理論的な「交渉」は、資本主義の市場原理主義とも計画経済的社会主義と
も異なる「ルール」を生成する可能性がある。

※エクスクローとは…
(商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託の事)

東北大学とも産学協同研究

クリミクス株式会社は東北大学とも産学協同研究を行っています
この共同研究の成果について、我々のCrymixプラットフォームを利用した、
応用プロダクトをサービス化し、運営、販売していく予定とのことで、
これはコアサービスではなく、サードパーティサービスとしてCrymixプラットフォームを利
用して構築するとのこと。
日本が誇る国立大学の学術理論とクリミクス社のもつ技術理論の融合!楽しみですね。

 

今後もPart4まで複数記事にわけて今後も紹介していきます。次回配信をお待ちください。

前回記事

注目のICO【Crymix Project】国立大学法人東京大学との産学共同研究!期待の国産仮想通貨part1

2018.01.16
ICOに参加する
https://crymix.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

おすすめの取引所

bitFlyer(ビットフライヤー) 最大レバレッジ15倍のFXができる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

zaif(ザイフ) 手数料が激安!初めて取引するならここ!

この記事をシェアしませんか?