仮想通貨と電子マネーって何が違うの?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最近、テレビやニュースなどで話題になることの多い仮想通貨。
投資を考えている人もとても増えてきました。

しかし、仮想通貨に関連した事件も多く報道され、不安に思っている人も多いかと思います。
そこで今回は、現在日本で普及している電子マネーと比較して、どんなメリット・デメリットがあるのかを改めてまとめていきたいと思います。

今後、仮想通貨投資を考えている人は是非参考にしてみてくださいね。

そもそも仮想通貨と電子マネーって?

 

まずは仮想通貨と電子マネーの基本情報をおさらいしてみましょう。

・仮想通貨 Bitcoin(BTC) / Ethereum(ETH) / Ripple(XRP) / NEM(XEM)

仮想通貨は中央管理者を必要とせず、国籍も持たないデータ上の通貨です。
仮想通貨取引所などで購入する事ができ、海外に行ってもその国の法定通貨へ換金せず使うことができます
現在各国の規制や法整備が進んでいる最中であり、今後様々な利用方法が期待されています。

・電子マネー Suica / pasmo / WAON

電子マネーは、主に日本国内で利用できるデータ上のプリペイドカードのようなものです。
専用カードやアプリの中にお金を入金(チャージ)しておくと、提携企業の商品やサービスと簡単に交換することができます。

仮想通貨のメリット・デメリット

メリット1 換金せずに世界中で利用できる

仮想通貨はその国の法定通貨に換金しなくても、対応しているお店であればどこの国でも利用する事が出来ます
これは国ごとの法定通貨には無い、最も大きな特徴で、仮想通貨だからこそできる強みです。

メリット2 送金が早く、手数料も安い

法定通貨で海外に送金する場合、手数料は非常に高くつきます。仮想通貨は銘柄によって異なりますが、最大で20倍も手数料が安く済みます
送金スピードも法定通貨なら最大で7日かかりますが、仮想通貨であれば即日着金も可能です。

メリット3 透明性が高く、安全性が高い

仮想通貨は中央管理者のいない通貨です。そのためブロックチェーンという技術をつかって、取引履歴などは全て記録・公開されており最も透明性が高い通貨とも言われています。
このブロックチェーン技術は仮想通貨自体に記録を残すため、それらが価値の裏付けとなり信用を保っています

メリット4 投機対象としても人気

仮想通貨は実用性や将来性に大きな期待をされており、通貨としてではなく投機対象として人気が上がっています。
昨年は1億円以上稼いだ「億り人」という人達もたくさん登場し、多くの報道番組などで取り上げられていました。

デメリット1 今は価値が不安定

投資を今までやったことが無い人がたくさん参入したため、少しの情報材料で価格が激しく動きます
投機対象としてではなく通貨としての見方をされることが、今後仮想通貨の最も大きな課題と言えます。

デメリット2 法整備や規制がまだ完全とは言えない

仮想通貨はまだ未成熟な業界です。他国に比べ比較的早く法整備を始めた日本でさえも、十分とは言えません。
特に税金に対する問題点は数多く残されています

デメリット3 換金が少し手間がかかる

法定通貨から仮想通貨に換金する場合、仮想通貨取引所で交換することになります。
しかし仮想通貨取引所で取引をするためには個人情報の提出や必要事項の記入など、面倒な手間が多いです。

デメリット4 仮想通貨取引所など、管理企業のセキュリティが整っていない

先日、仮想通貨取引所Coincheckから大量に仮想通貨が流出するなど、まだ完全にセキュリティが整っているとは言えない状況です。

電子マネーのメリット・デメリット

メリット1 入金式なので、換金コストはかからない

電子マネーは仮想通貨のように「換金」ではなく「入金」するシステムなので、手数料がかかりません
例えば1000円入金したら、1000円分の電子マネーとしてすぐに使うことができます。

メリット1 価値が変わらない

電子マネーは通貨というよりも商品券に似たサービスです。
使える場所が限定されており、発行数に上限もないため、仮想通貨のように価格の変動はありません

メリット2 日本国内で使えるサービスが多い

電子マネーはほとんどの場合、大型企業グループと提携して発行されます。
そのため日本国内であれば使える場所が非常に多く、自分の住んでいる地域に合わせた選択などもできます。

デメリット1 送金は出来ない

電子マネーは仮想通貨のように送金はできません
しかし手数料を支払う事で別のアカウントなどにポイントを移動するサービスを行っている場合もあります。

デメリット2 提携店でないと使えない

電子マネーは発行元の提携店舗でしか使うことはできません

デメリット3 返金する時に手数料がかかる

電子マネーは発行元の提携店舗で使われることが発行元の利益となります。
そのため入金する際は手数料はかからず、返金する際に手数料を取る仕組みになっています。

まとめ

仮想通貨と電子マネーのメリット・デメリットを詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか

仮想通貨は世界各国で使われることが期待されていますが、現在はまだ各国が法整備をしている状態で、通貨としての真価が発揮されるのはまだ先のことでしょう。
しかし今後の法整備次第では、大きな可能性を秘めているのは確かです。

一方電子マネーは使える場所は限られているものの、国内では使える場所が多く、我々が良く使うサービスで簡単に決済でき使い勝手は良いです。

しかし送金を想定して作られていないこともあり、海外で利用する事ができないことと、使えるサービスを増やす為には企業同士の提携が必要なため時間がかかります。

現状では、自分の利用するサービスなどに合わせた決済方法を選ぶのが最も良いと思います。

PR: 仮想通貨ちゃんねる管理人さん 2018/05/22(火) 16:30:00.00 ID:channel
仮想通貨の情報収集でお困りの方へ
情報収集でかなりの時間を消耗している方におすすめの無料メルマガを2つ紹介します。

 

PR: 仮想通貨ちゃんねる管理人さん 2018/05/22(火) 16:35:00.00 ID:channel
Crypto Club Japan

1か月の間にのべ8000人もの会員へと拡大した
日本最大級の仮想通貨コミュニティ
「Crypto Club Japan」。

引用元:Crypto Club Japan公式サイト

http://cryptoclubjapan.com/
PR: 仮想通貨ちゃんねる管理人さん 2018/05/22(火) 16:40:00.00 ID:channel
Bspeak!

仮想通貨・暗号通貨・ブロックチェーン関連の情報収取メールマガジンです。

引用元:Bspeak!まぐまぐ

おすすめの取引所

bitFlyer(ビットフライヤー) 最大レバレッジ15倍のFXができる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

zaif(ザイフ) 手数料が激安!初めて取引するならここ!

この記事をシェアしませんか?