初心者でもわかる仮想通貨の始め方

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これから仮想通貨を始めてみようと考えているあなたへ、「仮想通貨の始め方」をご紹介したいと思います。

仮想通貨の仕組みから、購入の仕方、おすすめの販売所や取引所、おすすめ仮想通貨、そして仮想通貨ウォレットについて。

漠然としている「仮想通貨のナゾ」を解決して、第一歩を踏み出してみませんか?

それでは、まずはこちらのテーマから。

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨の誕生は、2009年にナカモトサトシと名乗る人物によって発表された、インターネット論文だと言われています。

同時にそのプロトタイプのプログラムを公表したことから、世界中のさまざまなプログラマーたちが改良を重ね、現在に至っています。

それがいまや仮想通貨の代名詞ともいえる「ビットコイン」です。
現在は星の数ほどの多種多様な仮想通貨が存在しています。

なぜ”仮想”なの?

現時点で”国が発行しているものではない”ということ、そして”実体がない”ということから、「仮想」となっていました。

しかしすでに2014年には仮想通貨のATMが日本でも開設されていたり、公共料金を仮想通貨で支払うことができるようになったり、じわじわとだけれど急速に私たちの生活に入り込んできています。

実際に2016年には”ビットコインを貨幣に認定する”という法規制案が閣議決定されていました。

爆発的な値上がりを見せて連日ニュースを賑わせていた2017年後半、そしてTVCMやインターネット広告などの露出が急増したことによって、2018年には「仮想通貨を始めた」という人も増えています。

仮想通貨の仕組み

それでは、仮想通貨はなぜ「通貨」として機能することができるのでしょうか?

仮想通貨は「暗号通貨」という名前も持っています。インターネット上のブロックチェーンという技術を使って所有者情報(アドレスや秘密鍵と呼ばれます)や取引情報を暗号化・分散化して管理することで、不正発行や悪用ができない仕組みになっています。

仮想通貨の販売所(取引所)でアカウントを作る

仮想通貨を購入するにはまず、販売所なり取引所にアカウントを作ることが最初のステップとなります。

販売所や取引所はインターネット上にあり、必要な手続きをすればすぐにアカウントを発行し、仮想通貨を始めることができます。

販売所と取引所の違いって?

仮想通貨の「販売所」と「取引所」は”どこから購入するか”と”どうやって購入するか”による違いがあります。

まず販売所の場合は、その販売所によって(流動的ではありますが)決まった金額で仮想通貨を販売しています。

一方、取引所の場合は、決まった金額がありません。

あなたと同じようなユーザーが「⚪︎⚪︎円で△△ビットコイン売りたい」と言って売りに出したり、「⚪︎⚪︎円で△△ビットコイン購入したい」と注文をだしているユーザーの取引が行われているところです。

そして最も大きな違いは、価格です。

販売所で購入するのと取引所で購入するのでは、取引所で購入する方が1ビットコインあたり数万円安くなることもあります。

販売所の場合は買いたい時に買うことができて、売りたい時に売ることができますが、取引所の場合は売り買いの条件がマッチせずに売りたい時に売れない、買いたい時に買えない、ということもあり得ます。

販売所や取引所の選び方

それではさっそく、販売所・取引所にアカウントを作成して、仮想通貨を始めてみましょう。

そこで大切なのは、信頼できる販売所・取引所を選ぶことです。

記憶に新しいかもしれませんが、2014年にマウントゴックスという仮想通貨取引所で内部不正によりビットコインユーザーの財産が搾取されたという事件がありました。

このような詐欺に遭うリスクもありますし、場合によっては販売所・取引所が閉鎖されてしまう可能性もなくはありません。

しっかりとした資本と取引量、利用者数、サービスがあるところを選びましょう。

ここでは3つの販売所・取引所をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(https://bitflyer.jp/)

日本で一番最初にできた大手販売所・取引所です。誰もが知っているような大手企業やメガバンクなどからの出資を受けていることや、取引量やユーザー数の多さが信頼を裏付けています。

画面の使いやすさも特徴のひとつで、ウェブでもスマホアプリでもすぐに取引に慣れることができるでしょう。

取り扱い仮想通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、他

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(https://coincheck.com/ja/)

タレントの出川哲朗さんの出演するCMをきっかけに知ったという人も多いでしょう。

取り扱っている仮想通貨の種類が豊富なため、こだわって選びたい、いろいろな仮想通貨を知ってみたいという人にはおすすめです。

100万円までの不正ログイン保障があるというのも嬉しいオプションです。

取り扱い仮想通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、ネム、ダッシュ、他

Zaif(ザイフ)

Zaif(https://zaif.jp/)

あのホリエモン監修の販売所・取引所です。

豊富な仮想通貨の種類と、取引するほどお得になる”手数料マイナス”、そして”積み立てシステム”が特徴的です。仮想通貨だけでなくZaifだけでしか扱っていないオリジナルトークンがあるのも気になるところです。

bitFlyerやCoincheckと比べて、玄人向けの印象を受けます。

取り扱い仮想通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネム、モナコイン

アカウント作成の流れ

仮想通貨は始めるまでは謎ばかりですが、実際にやってみることでわかってくることがほとんどです。

まずはアカウントを作ってしまいましょう。

例としてbitFlyerのアカウント作成の手順をご紹介します。

STEP1. 新規アカウント登録

メールアドレスとパスワードを設定します。

Yahoo!やGoogle、Facebookなどのアカウントを利用することも可能です。

STEP2. 銀行口座登録

仮想通貨の購入や売却、換金の際に使用する銀行口座を登録します。

bitFlyerの場合は口座確認のためにその口座からデポジットを振り込むという手続きがありました。

もちろんそのデポジットは仮想通貨の購入に充てることができます。

STEP3. 本人確認

公的身分証明書(免許証やパスポート、保険証など)で、顔写真と住所・生年月日・氏名が記載されているものが必要です。

それ自体の写真と、それとともに本人が写っているセルフィーも提出します。

STEP4. 日本円の入金

銀行口座の確認のために、登録した銀行口座から日本円を入金します。

金額の指定はありません。

仮想通貨を買ってみる

購入するというより、日本円から仮想通貨へ換金するという表現が合っているのかもしれませんが、いよいよ仮想通貨を入手します。

先程入金した日本円を使用しても良いですし、もっと購入したい場合は銀行振込のほかにクレジットカード決済もできます。

仮想通貨の買い方

前項のように販売所・取引所でアカウントを作成できたら、仮想通貨を購入することができます。

こちらの画像を見てください。bitFlyer内の「ビットコイン販売所」です。

ビットコインはこのブログを執筆している時点では1ビットコイン=125万円台ですが、購入は0.1、0.01、0.001などの小数点以下の単位でも購入することができます。

よって、たとえば0.001ビットコイン=1250円などの少額から試してみることも可能なのです。

画像の黄色い枠で囲んだ箇所でビットコインの数量を入力しても良いですが、「数量」の欄に直接入力することもできます。

数量を入力したら、その下の赤いボタン「コインを買う」をクリックすることでビットコインを買うことが出来ます。

おすすめ仮想通貨は?

仮想通貨はビットコインだけではありません。ビットコイン以外のコインは「アルトコイン」と呼ばれます。

ビットコイン

仮想通貨という名前を知るよりも前に「ビットコイン」という言葉を知った人も少なくないかもしれません。冒頭でもご紹介したように、一番最初に誕生した仮想通貨がビットコインです。

いろいろなところで仮想通貨の決済が始まってはいますが、ビットコインが中心ですし、のちほどご紹介する「ウォレット」でもビットコインにしか対応していないものが多いです。

これからの仮想通貨取引の中心であり基本であることは確実です。

また、ビットコインから派生した「ビットコインキャッシュ」もおすすめです。

ビットコインの送金スピードの問題を解決するべく、容量を大きくしたのがビットコインキャッシュです。

今後伸びてくる可能性が大きいと考えられます。

イーサリアム&イーサリアムクラシック

「イーサリアム」はとてもユニークな特徴を持っています。それは「スマートコントラクト」です。

不動産や保険や権利などの契約情報をイーサリアムのやり取りと同時にブロックチェーンに保存できるというシステムです。

イーサリアムは開発グループ分裂後の派生コイン。イーサリアムクラシックは元々のイーサリアムのシステムを継続しているコインです。

どちらも今後の展開に期待できます。

その他のコインをランキングから比較

こちらは世界の仮想通貨の取引量ランキングです。

1位はもちろんビットコイン、2位はアルトコインの中で代表格のイーサリアム、3位はGoogleが出資したことで話題の急上昇コイン、リップルです。

それぞれに特徴をもっていたり、日本の取引所で取引していないコインもあったりしますので、なにかピンとくる仮想通貨がありましたらそれぞれに調べてみると面白いと思います。

「ウォレット」の存在も知っておこう

仮想通貨ウォレットという言葉を聞いたことがありますか?

ウォレットとはご存知の通り「お財布」という意味で、仮想通貨を保管しておくところのことを指します。

ウォレットの種類と特徴

仮想通貨のウォレットにも種類があります。大きく分けて、オンラインかローカルか、持ち運びできるタイプか否か、ということがポイントになってきます。

具体的にどのような特徴があるのでしょうか?見ていきましょう。

オンラインウォレット

インターネットやモバイルアプリを通じて管理できるウォレットです。上記でご紹介したbitFlyer、Coincheck、Zaifなどの販売所・取引所がこのオンラインウォレットに当たります。

利点としては、インターネットに接続することでいつでもどこでも購入・売却・送受金などの取引ができるというところです。

しかしその反面、ハッキングや不正アクセスなどのリスク、そして販売所・取引所自体の不正があるかもしれないというリスクもあります。

仮想通貨を始める時にまず必須となるのがオンラインウォレットです。

以降ご紹介するウォレットは必須ではありませんが、より安全性や利便性を向上させるために持つべきウォレットです。

ローカルウォレット

PCまたはスマートフォン上に保管できるウォレットです。デスクトップウォレット、モバイルウォレットと呼ばれるものが主にそうです。

ウォレットから送受金をする際にはインターネット接続が必要になりますが、それ以外の時はインターネット接続をしないことにより、ハッキングや不正利用のリスクを少なくします。

しかしながらPCの場合はPC自体がウイルス感染したり故障したりすることでデータ自体が消えてしまうという可能性もゼロではありません。

モバイルウォレットの場合はiOSやAndroidのアプリとしてダウンロードしますが、中には「偽アプリ」も存在していて、ウォレットに入れた仮想通貨を奪われてしまったという事例も発生しています。

モバイルウォレットのアプリを選ぶ際には、利用者や口コミが多いことと、配信されてから極端に日が浅くないものを選ぶのが良いでしょう。

ハードウェアウォレット

USBメモリぐらいのサイズの専用端末で管理するタイプのウォレットです。

こちらもインターネット接続は必要最小限に抑えられるということで、セキュリティ面では安全性が高いと言えます。容易に持ち運びができるというのもかなり魅力的です。

価格が高く、完全に日本語対応していなかったり、操作が分かりづらいということもあるようですが、世界的に見てとても人気があります。

ペーパーウォレット

仮想通貨のアドレスと秘密鍵の情報を紙に印刷するタイプのウォレットです。

ペーパーウォレットの発行も管理も完全にオフラインでできることから、今回ご紹介しているウォレットの中ではもっとも安全性が高いと考えられます。

ただし、一度印刷したペーパーウォレットは一度限りしか使用することができないため、頻繁に取引をするような場合には不便さを感じさせるでしょう。

しかし長期的に保管しておけるということと、同じものを複数枚印刷して分散保管したり、金庫に入れておいたりと、自分しか知らない確実な方法で管理をすることができます。

頻繁に取引する分は他のウォレットで、しばらく保管しておく分はペーパーウォレットにしておく、などといった使い分けができると良いですね。

どのウォレットを選ぶべき?

いろいろなウォレットがありますが、あなたが優先したいポイントや仮想通貨との付き合い方に合わせて選ぶことができます。

すばり、安全性を優先させるなら、ペーパーウォレットかハードウェアウォレットです。ペーパーウォレットとハードウェアウォレットのうち、より利便性が高いのはハードウェアウォレットです。

「いつでもどこでも好きな時に取引したい」という利便性を優先させるなら、オンラインウォレットです。さらに言えばオンラインウォレットのスマートフォンアプリです。
利便性は最高ですが、その反面、セキュリティ面のリスクはもっとも高いウォレットです。

オンラインウォレットは一時的な保管場所として、その他のセキュリティ面に強いウォレットと組み合わせて持つのが良い解決方法になりそうです。

まとめ

これから仮想通貨を始めようと思っているあなたへ、仮想通貨の始め方をご紹介しました。

いかがでしたか?

仮想通貨は日本ではまだ黎明期ですらなく、これから発展していく新しい形の通貨です。
これまでは国や銀行に管理されていた通貨というものを、自分の意思で通貨の種類も管理の仕方も選択することができるのです。

価格の乱高下は日々激しく繰り返されていますが、長い目で見れば上昇軌道に乗っています。

まだ法整備が整っていないために、詐欺や不正が横行しやすい状況ではありますが、常に最新情報を取り入れたり、ひとつの情報に左右されすぎない客観的な姿勢で付き合うことが大切です。

ですが「かならず稼げる」という保証があるわけでもありませんので、投資は慎重に行いましょう。

そしてあなたの資産を守るためのセキュリティ対策も、忘れずに!

PR: 仮想通貨ちゃんねる管理人さん 2018/05/22(火) 16:30:00.00 ID:channel
仮想通貨ちゃんねる管理人のおすすめエアドロップ
サイトに無料登録するだけでもらえる仮想通貨「ビットマイル」!

 

PR: 仮想通貨ちゃんねる管理人さん 2018/05/22(火) 16:35:00.00 ID:channel

老舗ポイントサイトを運営する「ネットポイント」の100%子会社が行うICO「ビットマイル」
トークンセールはなく、ビットマイルコインをゲットできるのは同社が運営する「すぐたま」に登録しているユーザーのみ!
すぐたまの無料登録に加え、公式ツイッターをフォローリツイートするだけで「1,500XBM」が獲得でき大変お得です!

https://www.sugutama.jp/

 

↓ビットマイルについてのまとめ記事はこちら↓
【エアドロップ】国内ICOのビットマイルが無償で通貨を獲得できるキャンペーンを開催

おすすめの取引所

bitFlyer(ビットフライヤー) 最大レバレッジ15倍のFXができる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

zaif(ザイフ) 手数料が激安!初めて取引するならここ!

この記事をシェアしませんか?